だれもが誰かの光になる世界

コンサルをしていても

デザインのヒアリングをしていても

コーチングをしていても


毎回いつも同じことを思います。


その方が持つ

素晴らしい個性に

自分自身が気づいておらず


その個性を

自分自身が理解を深め

魅力的に伝えていくことができるなら

助かる人や嬉しい人が

たくさん待っているんだろうなと。


それはまさしく

「だれもが誰かの光になる世界」

なんだと思います。


その手段は私にとって時に、

発表会プログラムだったり、

ホームページだったり、

コンサルやコーチングだったりするのですが


これらはあくまでも手段です。


私がビジネスをやる上で

常に願っているのは


「だれもが誰かの光になる世界」で

だれかと一緒に喜んだり、

笑い合っていること。


今日も誰かが

あなたのバレエ教室や

あなたの存在を

ずっとずっと心待ちにしています。